スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RALLY MONGOLIA 2012

RALLY MONGOLIA 2012、今年もカミオンバレイを担当して参りました!

20120826 791

今年のラリーは大荒れ。

20120826 731

空港に着くなり大雨。しかも60年来の雨量だとか。
そして気温は10度以下で冬のような寒さ。特に夜は凍えます。
更にはお迎えに来てくれたカミオンバレイはバッテリーが上がり。
オマケに選手、スタッフの送迎バスはスタックしてスタート会場のホテルに到着できず。
とどめは、停電でロウソク暮らしみたいな幸先良い?門出!?
どーせならスタート前に悪いもんは全部出尽くしてくれ!と祈る心境でした。

20120826 777

ETAP1
400km以上のリエゾンを走った後に迎える約250kmのSSは3000mのスガワラ峠を越える今大会屈指の難関&名所。でも大雨?大雪?に加え川の増水、更にはただでさえマディーで急な斜面はチュルチュルの極みだという事で残念ながらキャンセル。タイムアロウドでバヤンホンゴルまでの約600kmのリエゾンを走ります。とはいえヘリが目的地まで飛べず200km手前のアルベイヘイルに緊急着陸せざるを得ないような天候。荒れた路面はたやすく距離を稼がせてくれず、キャンプ地に着いたのは午前2:00。SSキャンセルにも関わらず初日からヘトヘトです。

20120826 789

ETAP2
この日のテーマはズバリ湖!「湖に浮かぶデューンを見せる」と発表した事もあってこのETAPは本年度のハイライトのようなルート!という事で試走には多大な時間を費やしました。と言うのも長く続く干ばつの影響で地図にあるはずの湖がことごとく消滅してしまっていてあちらことらと湖を探し回った次第。そこに来て60年来の大雨。当然のごとくキャンプ地もルートも水の底に沈んでしまったのであります・・・。更に状況は深刻で増水した川を渡れない第二本部隊、更にはRCP隊、ヘリが飛べずアルベイヘイルから陸路200km走り深夜に到着した本部が一旦バヤンホンゴルに集結するという異常事態。即座にミーティングが開かれビバーク地の変更や川渡りがあるジンスト以降のSSキャンセルが決定され、各部隊にラリーが安全かつ潤滑に進行できるよう緊急配備指令が下されます。で僕らの役目は150km先のCP1までのコースクリア⇒寝る間もなく3:00にビバークを出発し目的地へ!長い一日の始まりです。

20120826 825

翌日CP1全車通過を確認した後、所定のポジションであるラリー最後尾を走りますが300km地点手前の本来は超高速ピストであるはずの場所に大きな湿地?と言うか湖が出現していました。着いた時には既に日没後だったので自分たちが湿地帯を迂回するのにも相当な時間を費やし、更にはリタイヤ車両の回収、エントラントの先導、スタック車両の救出もあってこの日は湿地帯の横で一夜を明かす事に。そしてスタック車両の救出が全て完了するのが翌日の夕方。もうヘトヘトな上、深刻な食糧不足でホント困憊。それでもETAP3のキャンセルが伝えられていたので余裕はありましたし、偶然にも移動してきた第一本部隊とバッタリ遭遇してカオルサンにお菓子を、明神さんにパンを恵んでもらって絶好調になりました♪

20120826 880

ETAP3
この日は今回のサブテーマでもある山岳ステージ。試走時の記事にも書きましたがゴビ砂漠に東西200km程に渡り横たわる4000m峰のボグド山脈をぐるりと周回し一部山越えをするというなかなかエクストリームな設定なんですが・・・普通の場所でもエクストリームな天候下では行けるはずもなく残念ながら全面キャンセル。実は湿地帯での救出作業の帰りに一部この日のコースを走ったのですが、その多くが湖の下に沈み、鉄砲水に削られた深い谷がゆく手を阻んでいました。自然の力ってホント恐ろしいと痛感しましたね。

20120826 882

ETAP4
この日はボグド⇒ゾーモッドの600km近いロングステージ。道中湿地帯を横断しますがコース下見&コマ図変更も万全に準備されるなど非常事態ながら運営上の混乱も完璧に収束。いよいよ雨の心配も少ない?(実はかなり心配しましたが)南ゴビへと向かいます。休息日直後という事もあってスタート早々にアクシデントがありましたが、それでも南に向かうにつれ気温もぐんぐん上がりようやくゴビゴビしてきたので井戸でカラダを洗ってリフレッシュ!まゾーモッドに着いたのは朝の7:30だったのでキツかったですけど。翌日は休息日なので気分はウキウキです!

20120826 892

ゾーモッドでの休息後、ETAP6は南ゴビをぐるりと回ってホンゴル砂丘のツーリストキャンプに向かうロングステージ。一部山岳っぽいところもありますが、そのほとんどが深い砂と猛暑との闘いとなります。まぁそれでもその過酷さとは裏腹に、選手もスタッフもラリー生活に慣れ始めた頃とあってみんなだんだんと元気になっていくのが見てて面白いですね。僕たちも珍しく日付が変わる前に帰着でき絶好調!手違いで食事がなかったのが辛かったですけど^^;

20120826 937

ETAP7
さて、いよいよ終盤ですが北に進路をとるという事もあって再び天候のリスクが懸念され、更には中盤にある川の水量によっては後半のルート変更が余儀なくされる可能性があります。それでもこのETAPは比較的高速ピストが多いしナビゲーションもそう難しくないので少々油断していたのですが、何のその。出だしからM1(メディカルカー)は故障するわ、リタイヤ車両も続出でカミオンバレイは回収車両と選手で満員御礼。更には心配していた川も相当増水していたし、後半はガンガン降り注ぐ雷に向かって北上。グングン下がる気温と大雨、そしてアースを探して地を這う雷の中をかいくぐり何とかビバークに到着したのは既に日の出の後。普段なら苦しさを楽しんでしまう僕ですがこの日はちょっぴり辛かったりして。大雨と極寒のキャンプ地で仮眠する場所すらないという状況もあって。とは言え苛立ちを表に出してしまった事にちょいと反省。

20120826 903

ETAP8はエルデネサントからハラホリンまで移動した後に、かつて秋篠宮様が訪れたという美しい湖オギヌールを周回し、更に北上。馬乳酒で有名な町(名前忘れたけど)で進路を東へ切りウランバートル手前で舗装路に出て残りはリエゾンと言うコース設定なんですが。この大雨と極寒の中「これ以上北に行くなんてトンデモナイ」。しかも試走時に既にマディーやったし。てことでこの日もSSキャンセルが決定されウランバートルまでコンボイで移動となります。

20120826 902

実に短縮も含めキャンセルを余儀なくされたSSは半数にも及びますが(競技がキャンセルされても移動はある訳で)、今年のラリーはエントラントにとっても、オフィシャルにとっても非常に厳しいものとなり、完走率もここ数年では最低を記録した記憶に残る大会となりました。このような状況下、見事完走された選手、力を合わせて頑張ったオフィシャル、そして限界まで頑張ったけどゴールにたどり着け中なかった選手全てに敬意を表したいと思います。

20120826 891

また、四年ぶりにラリーに参戦された篠塚さんの心から楽しんでる姿や、驚異の回復力で参戦、見事尾上さんとの勝負を制した菅原さんの姿を見て何だかうれしくなったりして!何だかんだあったけど、やっぱラリーは最高に楽しいっすね!僕たち若者?ももっと頑張らないと^^


スポンサーサイト

テーマ : モータースポーツ
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
facebook
Sugimura Shingo

プロフィール
何度も禁煙に失敗し10kg以上激太りしたこともありましたが、軽度閉塞性肺疾患(COPD)と診断された36歳の誕生日を期に禁煙を決意。同時にカラダのチューンアップに励んでいます。

追記:一年の走り込みの成果で一秒率が67%⇒73%に改善。不治とされるCOPDを克服しました(^^)v

【経歴】
1975年(うさぎ歳)。学生時代はサッカー少年。大学時代に株式会社アディックを創業。多くの支援者と運に支えられ現在に至る。クロスカントリーラリーでは04年パリダカールラリー出場(二輪)、ラリーモンゴリアではカミオンバレイに搭乗しスイーパーを務める。登山では速攻北アルプス全山単独縦走(5日間)、冬季中央アルプス単独縦走、冬季富士単独登頂、速攻北鎌尾根など。マラソンはサブ3に向けて鋭意トレーニング中(ベスト3時間7分27秒)。現在サハラマラソン2013の出場を決めトレーニングに励んでいる。

クロスカントリーラリー
2012年
■3月24日~25日
TDR2DAYS2012
■4月29日~5月5日
TBI2012
■7月13日~16日
北海道4デイズ2012
■9月15日~17日
SSER3DAYS CLASSICS
■10月5日~8日
九州4デイズ2012
■10月14日~30日
Raid Trek Taklamakan
百名山
⇒達成状況【5/100(5%)】
⇒×××=敗退
--------------------------
×××空木岳(2012.4.20)
木曽駒ヶ岳(2012.4.19)
九重山(2012.4.4)
阿蘇山(2012.4.2)
祖母山(2012.4.1)
伊吹山(2012.3.15)
×××槍ヶ岳(2012.2.23)
×××大山(2012.2.18)

ランニングの記録
2012年
■BEST
フル:3:07:27
淀川市民マラソン(2012.11.4)
ハーフ:NET1:32:25
高槻国際ハーフ(2012.1.22)
100km:10:27:13
サロマ湖ウルトラマラソン(2012.6.24)
-----------------------------
■1月9日(1:35:47)
枚方ハーフマラソン
■1月22日(1:32:35)
高槻国際ハーフマラソン
■2月5日(3:24:06)
紀州口熊野マラソン
■3月4日(3:23:24)
篠山ABCマラソン
■3月11日
京都マラソン(3:29:20)
■4月8日
大阪府山岳連盟ダイトレ(4:44:10)
■4月15日
長野マラソン(DNS)
■4月22日
チャレンジ富士五湖(10:34:24)
■5月20日
水都大阪ウルトラ(10:51:09)
■6月24日
サロマ湖ウルトラマラソン(10:27:13)
■8月26日
おんたけスカイレース(7:26:06)
■9月23※自転車
チャレンジ富士200km(6:00:47)
■10月21日 生駒チャレンジ(3:15:21/31位/600)
■11月4日 淀川市民マラソン(3:07:27/114位/6000)

2011年
■6月26日(5:05)
ぶ・RUNダイトレ30km
■7月24日(1:22:41)
赤穂トライアスロン
■8月22日(7:57:16)
おんたけスカイレース
■10月4日(4:38:21)
芦屋浜ウルトラ0km
■10月15日(3:16:46)
京都一周トレイル30km
■10月23日(3:16)
生駒チャレンジ30km
■10月30日(7:38:20)
戸隠トレイルラン
■11月13日(1:38:26)
大阪リバーサイド
■11月23日(4:56:40)
皇居マラソン50km
■12月4日(3:27:05)
スイーツリレーマラソン


トレーニング記録
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。